すべての患者さんが等しくつくられているわけではない

本日、2017年11月3日、祝日診療をしていました。
粗暴な方がいたため、警察に対応していただきました。
例年11月は、多くのインフルエンザ予防接種の患者さんが、当院を訪れます。
年に1回だけ、当院にインフルエンザ予防接種に訪れるのみで、普段は全く受診をしない方にお伝えしなければならないことがあります。
■ 我々は、職員の安全確保・精神的健康が、最も大切であると考えています。 職員が一番大切なのです。
■ 我々は、不当な暴言などに耐えながら仕事をすべきではないと考えています。
■ 我々は、粗野で 好戦的な方とは関わりたくありません。
1.当院の予防接種は、もともと、当院をかかりつけとして受診されている患者さんのために開始したものです。
1.年に1回、インフルエンザ予防接種のみのために、当院を訪れる方が、近年増加してきました。
1.インフルエンザ予防接種の時期に、もめる方は、「年に1回」接種に来る方がほとんどです。
1.もめる要因のほとんどは、待ち時間と関連しています。
1.待ち時間がございますので、時間がない方・待てない方は、当院の職員にキレるのではなく、他院で接種をされて下さい。
1.当院の方針として、接種の順番は、普段から受診されている患者さんが優先です。
1.待ち時間を理由にクレームをつけてくる方には、院外退去を命じることがございます。
1.職員からの院外退去命令に対して、直ちに応じない方には、全例、警察対応をいたします。
1.その他、キレる方、粗暴な方、居座る方、不当なクレームをつけてくる方、好戦的な方、等々
すべて警察を呼んでいます。クリニックに来てほしくないからです。
1.当院の警察への依頼の閾値は低いとお考え下さい。
1.当院の具体的な対応に関して、ご不満があった場合には、当院を相手に訴訟提起されて構いません。
民事訴訟は、弁護士への依頼なしで、本人訴訟も可能であり、お金もかかりません。
1.ここは「あなたの家」ではなく、「我々の診療所」です。 
ここに一歩踏み入れたら、あなたのルールではなく、我々のルールに従っていただくということです。
1.「お客様は神様です」が世の中のデフォルトモードかもしれませんが、我々はそうした信仰をしておりません。
むしろその対極にあります。我々のルールに従っていただく、そうでなければ院外に出ていっていただく、そういうことです。
1.今後とも、当院は、気の合う患者さんとだけ、楽しく診療をしたいと思っております。
そうした患者さんのために、インフルエンザ予防接種を開始したのです。
以上