長寿者は酪酸菌が多い|「究極の善玉菌」として今注目の「酪酸菌」とは

長寿者は酪酸菌が多い|「究極の善玉菌」として今注目の「酪酸菌」とは

 

⇒ 当院であれば、酪酸菌製剤の処方が可能です。

 

「腸活」という言葉が定着して久しいが、この分野の学術研究も日進月歩。次々と新たな発見がなされて、今までの常識が書き換えられることもしばしば。

なかでも、今もっともホットなキーワードが「酪酸菌」。

腸内の善玉菌の1種として、われわれの健康に大きな関わりがあるのでは、と注目を浴びている。

 

長寿者は酪酸菌が多い

京都府の北部、日本海を臨む京丹後市。

ここは、日本有数の長寿地域として知られ、百寿者が全国平均の3倍もいる。

 

この地域に住む高齢者の腸内細菌を調べたところ、酪酸菌が占める割合が多かったという。

「この酪酸菌が作る酪酸こそが、足腰をピンピンと強くして寝たきりを防ぎ、腸の粘膜を健康に保ち、寿命を長くすることがわかってきました」――著書『すごい酪酸菌 病気になる人、ならない人の分かれ道』(幻冬舎)で、こう説明するのは、江田クリニックの江田証(あかし)院長だ。

 

「酪酸」とは、酪酸菌がエサとなる食物繊維を発酵・分解する過程で作り出される短鎖脂肪酸の1種。これは、大腸の粘膜上皮細胞の主たるエネルギー源となる。粘膜上皮細胞には、「水分やミネラルを吸収し、腸のバリア機能として働く粘膜を分泌する機能」があり、酪酸が不足すれば、この機能もうまく働かないことになる。

 

さらに酪酸は、粘膜上皮細胞の代謝を促し、結果として酸素を消費させる。大腸内の酸素が少ないとほかの善玉菌(ビフィズス菌など)が活発になり、逆に酸素を好む悪玉菌(大腸菌など)の増殖を抑える。つまり、酪酸は腸内環境をほどよく整えてくれるわけだ。

 

「ファクターX」は酪酸か?

新型コロナウイルスに感染し、嗅覚の異常といった後遺症に悩む人の腸を調べてみると、酪酸の量が低下していることがわかっている。これは重症化した患者にも見られる現象だと言う。

つまり、酪酸の多い少ないが、新型コロナウイルスの症状と深い相関がある。江田院長によれば、酪酸は、ウイルスと結合して無力化するIgA抗体を増やす働きがあるという。

 

また、免疫が暴走する「サイトカインストーム」を抑える制御性T細胞を作り出したり、免疫細胞のマクロファージを活性化するにも酪酸が使われる。

 

このことから江田院長は、日本人が新型コロナウイルス感染症で重症患者数が少ない要因となる「ファクターX」には、酪酸が大きく関っているのではないかと示唆する。

 

全身の免疫細胞のうち、約7割が腸に集まっています。

人間は、ウイルスから腸の粘液をバリアにして体を守っているのです。つまり、新型コロナウイルスに感染、重症化しなくなるためには、腸の状態をできるだけ良好に保つことが重要なのです。

そして、日本人が新型コロナウイルスに耐性を持つ理由、ファクターXこそ、日本人の腸にあるのです。日本人がこれまで腸のなかに多く持っていたある要素、それこそが酪酸です。(本書より)

 

このほか酪酸には、大腸がんの発生を抑える、抗がん剤の効果を上げるなど、様々なメリットがあることが解明されつつあるという。

 

 

海藻やもち麦が酪酸菌を増やす

腸内には約千種類もの腸内細菌がいるが、酪酸を作り出す細菌は酪酸菌にかぎられる。

酪酸菌が少ない人は、これをどうやって増やすかがカギとなるが、「直接食事から摂るのは難しい」そうだ。

 

ただし、「食物繊維を多く含んだ食材を食べる」ことで、既に腸内にいる酪酸菌を増やすことが可能だと、江田院長は説く。

 

食物繊維には水溶性、不溶性の2種類あり、酪酸菌がエサとするのは水溶性の方。これを豊富に含む食材を日常的に摂ることがすすめられている。

 

これには、海藻類、穀類、野菜、果物が挙げられているが、最適なのが海藻類。ワカメ、昆布、ヒジキ、海苔のような、スーパーでもおなじみのもので十分だという。

穀類では、もち麦、ライ麦パン、玄米など。特にもち麦は、玄米と比較して酪酸菌を増やす効果が数倍とのことで、積極的に摂っておきたい。

 

* * *

 

腸内細菌についてはまだ未解明の部分が多いが、江田院長は、酪酸菌こそ「究極の善玉菌」と太鼓判を押している。腸活に関心のある方は、本書を参考に始めてみてはいかがだろうか。

 

【今日の健康に良い1冊】

『すごい酪酸菌 病気になる人、ならない人の分かれ道』江田証著 幻冬舎

 

文/鈴木拓也 老舗翻訳会社役員を退任後、フリーライター兼ボードゲーム制作者となる。趣味は神社仏閣・秘境巡りで、撮った映像をYouTube(Mystical Places in Japan)に掲載している。

 

サライ.jp

 

⇒ 当院であれば、酪酸菌製剤の処方が可能です。