【花粉症・アレルギー性鼻炎】鼻の癌がご心配でしたら, 鼻腔内も診察する花粉症診療専門の耳鼻科へGO!

市販薬 (アレグラ・アレジオン・クラリチン) が効かない方! 耳鼻科にご相談下さい.


↓花粉症の季節、土曜日受診は、予約をお願いします.(可能でしたら平日午後受診も)皆様の待ち時間減少と職員業務平準化にご協力下さい. 予約方法は、インフルエンザ予防接種のときと同様です.2営業日前までにお願い申し上げます. (予約者の方は、受診時に「予約者」であることを受付け職員に、必ずお伝え下さい)↓

■花粉症, アレルギー性鼻炎の症状にまぎれて、鼻の腫瘍・がんがあることがあります。
鼻の腫瘍・がんの症例報告

■耳鼻咽喉科では, 初診時に必ず鼻内を観察し, 鼻のポリープがないか?鼻の中に腫瘍・がんがないか?を確認します。ですので, 花粉症の受診は耳鼻科をおすすめします。薬局や他科であっても, 花粉症薬は入手できますが, 鼻の癌をみつけることはできません。癌は早期発見・早期治療が肝要で, 早く見つけるか否かが, その後の生存率に大きく関係してきます。しかし, 実際には, 耳鼻科以外の診療科を継続受診し, その後, 鼻の異変に気がつくような状態になってから耳鼻科を受診する方が多いです.つまり, 癌が進行してから耳鼻科を受診しているのが現状 なのです。現行ルールでは, 医療機関へのアクセス, 診療科の選択は, 患者さんのご自由です。花粉症であると思い込んで, 更に言えば, 「たかだか」花粉症であると「思い込み」をして, 耳鼻科以外の診療科を受診している患者さんのなんと多いことか。当院であれば, 受診時に癌の早期発見が可能であり, がん治療の専門病院へ紹介可能です。

■花粉症だと思い込んでいるあなたに提案がございます. 仮に, あなたが「花粉症」と「鼻の癌」を併発していたとします. しかし, あなたは「鼻の癌」に関する知識がなく, 薬局や耳鼻科以外の診療所を継続して受診していたとしましょう. そうした場合, 私からの提案ですが, 担当の先生に, 一度質問されてはいかがでしょうか? 例えば, 「先生は, 私を花粉症と診断しました. しかし, 花粉症の他に 『鼻の癌』 の可能性はないのでしょうか? 仮に 『鼻の癌』 があった場合には, 先生は一体どのような方法で診断をなされるのでしょうか? 超能力でしょうか? あるいは念力でしょうか? それとも得意の権力・政治力でしょうか? また, 万一,  『鼻の癌』 を見逃した場合には, 先生は, 一体, 具体的にどのような責任を取られるのですか?」と。

■当院では,  レーザー治療一発注射(ケナコルトA)・ヒスタグロビン・免疫療法( 減感作療法 )・ゾレア注射( 抗IgE抗体 )・ヌーカラ注射(抗IL-5抗体)・ファセンラ注射(抗IL-5受容体抗体)等の治療は実施しておりません。

 

 ▽▽ 花粉症薬処方に関して ▽▽

■長期処方可能です。

■ジェネリック薬希望 → 現在, 先発薬か後発薬かという決定に関しては, 薬局に権限があります。薬局で処方箋提出時に, 「ジェネリック薬を処方してもらいたい」という希望をお伝え下さい。

■目薬の処方可能です。具体的な商品名をご指示いただければ, その薬を処方することが可能です。特にご指定がない場合には, 一般的に処方される点眼薬を処方いたします。また, 目の周囲の皮膚がかゆい場合には, 目の周囲に塗ることができる軟膏を処方することができます。

■「花粉症薬の効果」と「副作用である眠気」は, 人により大分異なります。また, 花粉症薬は無数にあります。「1日1回の薬を飲んでいた」「白い錠剤を飲んでいた」というご説明では, ( 残念ながら超能力を持っておりませんので )なにを内服していたのかを推定することはできません。「花粉症薬Aを内服していたが, 眠気はないものの無効だった」「花粉症薬Bは有効だったが, 眠気がきた」「花粉症薬Cを処方して欲しい」と具体的な薬の名前・商品名が分かれば, 処方薬の決定が円滑になります。(他院様と同じ処方を希望される場合には, 剤形・用法・用量を確認したいので, 必ずお薬手帳をお持ち下さい。)ご不明でしたら, 下記サイトも併せてご参照下さい.

花粉症 ・ アレルギー性鼻炎薬一覧

横浜市の花粉情報

横浜のPM2.5分布情報

花粉症セルフケア

鼻アレルギー診療ガイドライン

Guideline on Allergic Rhinitis