2020/05/23
世の中には、さまざまなダイエット薬があります。 私の場合、毎日、メトホルミンを内服しており、また、つき合いでパスタやピザを食べる機会がある場合には、食前にα-GIを内服しております。炭水化物(糖質)を多く摂取した際には、SGLT2iの内服も併用しております。 これらの薬剤は、糖質オフの食品よりも、断然、楽チンで、はるかに有効です。更に、財布に優しい。糖質オフの食品は高額ですから、毎日続けるのは難しい。 ■ メトホルミンは、マメ科の植物から発見された薬で、肝臓で糖が作られることを抑えたり、筋肉への糖の取り込みを促進させたり、消化管からの糖吸収を抑えたり、血糖を下げるホルモンの効きを良くする働きもあるお薬です。心臓病・脳卒中のリスクを低下させるなど、究極のアンチエイジング薬です。 ■ α-GIは、糖の分解・吸収を遅らせるという優れたお薬です。 ■ SGLT2iは、おしっこに糖を排出してしまうお薬です。 ■ 肥満症には、ツムラ62防風通聖散が有効です。 これらすべての薬剤は、当院で処方できます。ちなみに、すべて私も内服してます。
2020/05/11
新型コロナウイルス拡大防止を目的とした自粛により、スポーツクラブが臨時休業に入り、1か月以上が経過した。私自身、スポーツクラブでの運動ができなくなり、運動機会の著減から、筋量低下と思われる体重減少をおこしている。ご高齢である患者様が、自粛により外出機会・運動機会が減少し、筋骨格系への負荷が不足し、そのため、筋量減少をきたしているのではないか?サルコペニア・フレイル、ロコモティブシンドロームになっているのではないか?また、循環呼吸器系の機能維持ができているのか? 心配である。 ご高齢者様に限らず、皆様が、筋骨格系に負荷をかけるレジスタンス運動、循環呼吸器系の機能維持に必要な有酸素運動を継続されているとよいのですが。
2020/05/10
【2020年5月臨時休診につき】 5月下旬ですが、右記日程を休診いたします。 5月22日(金)、26日(火)、27日(水)、29日(金)
2020/04/02
■ 当院では、当面、37.5度以上の発熱のある患者様の受診をご遠慮いただいております。ご理解の程、宜しくお願い申し上げます。
2020/03/25
新型コロナウイルス(COVID-19, Chinese virus)感染者の初期症状として、嗅覚障害・味覚障害等が出現することがあります。
2020/03/24
コロナ対策万全ですか?
2020/03/17
【マスク (子供用) あり】 マスク (子供用、90mm×125mm) を入手しました。受診された方で、1家族さま3枚までお持ちいただいて構いません。
2020/02/29
鼻の診察もしないで、当院医師の処方する点鼻薬が強いと指摘する医師がいるようです。しかし、そのような頓珍漢なアドバイスは、門外漢の戯言ですので、ご心配には及びません。一顧だにする必要がありません。 当院では、患者さまの鼻のなかの状態を確認したうえで、その患者さまの所見にあわせた処方をしております。 他科の医師が、なぜ、そのようなアドバイスをするのかというと、それはまさに鼻の診察をしていないからなのです。鼻の診察をしていないからこそ、心配なので、一般的な、カスタマイズされていない、あんちょこ本通りのアドバイスをすることになってしまうのです。 (独り言) あんちょこ本通りの 薄っぺらい知識をひけらかすのは構いませんが、門外漢が点鼻薬について言及できるようになるためには、ましてや耳鼻科専門医の処方を非難するためには、先ず、スタートラインとして、鼻腔異物くらいは取れるようにトレーニングや研鑽を積んでからにしてくださいね。
2020/02/14
2020年2月3日、保育施設において、節分行事中、豆まきの豆で幼児が窒息死する事件がありました。 NPO法人 Safe Kids Japan 理事長 山中龍宏医師によると、下記の如くです。 ■ 乳幼児が窒息しやすい豆として最も多いのは乾いたピーナッツである。他に、枝豆が詰まることもある。アメリカでは、3歳までの子どもがいる家庭にピーナッツを持ち込んではならないと指導している。節分の行事の際に、豆のまま撒くのではなく、豆を小分けにした「包み」を撒く、あるいは豆の替わりに新聞紙を丸めたものを撒くなどしている保育施設もある。 今回、豆を食べて幼児が死亡した例が発生した。乾いた豆は、乳幼児には危険な食品である。保育士だけでなく、保護者もそれを知っておく必要がある。
2020/01/31
当院では、新型コロナウイルス(COVID-19, Chinese virus)検査はできません。新型コロナウイルス(COVID-19, Chinese virus)検査に関する相談にもお応えできません。当院での新型コロナウイルス(COVID-19, Chinese virus)に関連する漫談は、お話するのは構いませんが(また、お話は十分にうかがいますが)、あなたの問題解決に寄与することはできませんので、予めご了承ください。

さらに表示する