2019/09/07
本日、2019/2020シーズンにおいて、初のインフルエンザ迅速検査A型陽性の方がでました。感染症に対する認識は人により異なります。皆様においては、手洗いなどの感染予防を心がけてください。
2019/08/10
【開院情報】 ■8月13日(火)~17日(土)のお盆期間は、毎日開院しております。
2019/05/17
クリニックに忘れ物が多くあります。患者様の物を勝手に捨てるわけにもいかず、困惑しております。
2019/02/23
【舌癌と口内炎】 初期の舌癌と口内炎は、所見上、鑑別が困難な場合がございます。 当院では、加療したにも関わらず、2週間以上継続する口内炎に対しては、必要に応じて、病理診断のできる病院へ、積極的にご紹介いたします。紹介状をお書きいたします。安心して受診されて下さい。尚、舌痛症の治療も耳鼻科で可能です。
2019/02/22
舌癌の診断・治療は、耳鼻科でも、歯科でも行われております。どちらに受診しても差異はございません。 ■ 舌癌に加え、咽頭癌・喉頭癌までご心配であれば、耳鼻科を受診しなければ、診断できません。 尚、頸部郭清術もおこなう「頭頸部外科」という診療科は、耳鼻科のサブスペシャルティ領域です。頭頸部外科学とは、耳鼻咽喉科学の領域です。
2019/01/31
記憶力を回復させる可能性のある薬があります。その薬は、耳鼻科ではたびたび処方されるベタヒスチンメシルという薬です。
2018/11/28
本日診療中、カルテ番号が40000番になっていることに気がつきました。平成16年(2004年)10月に開業以来、延べ人数でなく、実人数で40000人の患者さまがいらしたことになります。先任医師からバトンタッチを受け、今春から院長となりました。責任の重さを実感しております。先任の先生方に負けないように、地域の皆様のお役に立てるよう努力する所存です。
2018/09/20
インフルエンザ脳症は、インフルエンザに伴って発症する急性脳症であり、急性発症の意識障害を主徴とする症候群です。インフルエンザ脳症は、成人例に比較し、小児例の報告が多いとされています。小児の場合、インフルエンザ脳症は、死亡率約30%であり、後遺症も約25%にみられる重篤な疾患です。発症予防にはインフルエンザワクチンの接種が有効とされています。当院では、10-12月期にインフルエンザワクチン接種を実施しております。
2018/07/26
のどが痛いという自覚症状で、命に関わる病気として、扁桃周囲膿瘍、そして急性喉頭蓋炎が知られています。いずれの疾患も、耳鼻科でしか対応ができない疾患です。大人の方で「のどが痛い」場合には、初期段階から耳鼻科受診をおすすめします。耳鼻科医であれば、どの段階で(切開・排膿、気管切開等の)外科的処置や入院が必要であるのか判断できます。
2018/02/21
中年期の難聴放置が認知症リスクを高め、中年期に顕在化する生活習慣病が難聴リスクを高める。中年期から耳鼻咽喉科での定期的な聴力検査が重要である。

さらに表示する