2020/04/02
■ 当院では、当面、37.5度以上の発熱のある患者様の受診をご遠慮いただいております。ご理解の程、宜しくお願い申し上げます。
2020/03/25
新型コロナウイルス(COVID-19, Chinese virus)感染者の初期症状として、嗅覚障害・味覚障害等が出現することがあります。
2020/03/17
【マスク (子供用) あり】 マスク (子供用、90mm×125mm) を入手しました。受診された方で、1家族さま3枚までお持ちいただいて構いません。
2020/02/29
鼻の診察もしないで、当院医師の処方する点鼻薬が強いと指摘する医師がいるようです。しかし、そのような頓珍漢なアドバイスは、門外漢の戯言ですので、ご心配には及びません。一顧だにする必要がありません。 当院では、患者さまの鼻のなかの状態を確認したうえで、その患者さまの所見にあわせた処方をしております。 他科の医師が、なぜ、そのようなアドバイスをするのかというと、それはまさに鼻の診察をしていないからなのです。鼻の診察をしていないからこそ、心配なので、一般的な、カスタマイズされていない、あんちょこ本通りのアドバイスをすることになってしまうのです。 (独り言) あんちょこ本通りの 薄っぺらい知識をひけらかすのは構いませんが、門外漢が点鼻薬について言及できるようになるためには、ましてや耳鼻科専門医の処方を非難するためには、先ず、スタートラインとして、鼻腔異物くらいは取れるようにトレーニングや研鑽を積んでからにしてくださいね。
2020/02/14
2020年2月3日、保育施設において、節分行事中、豆まきの豆で幼児が窒息死する事件がありました。 NPO法人 Safe Kids Japan 理事長 山中龍宏医師によると、下記の如くです。 ■ 乳幼児が窒息しやすい豆として最も多いのは乾いたピーナッツである。他に、枝豆が詰まることもある。アメリカでは、3歳までの子どもがいる家庭にピーナッツを持ち込んではならないと指導している。節分の行事の際に、豆のまま撒くのではなく、豆を小分けにした「包み」を撒く、あるいは豆の替わりに新聞紙を丸めたものを撒くなどしている保育施設もある。 今回、豆を食べて幼児が死亡した例が発生した。乾いた豆は、乳幼児には危険な食品である。保育士だけでなく、保護者もそれを知っておく必要がある。
2020/01/31
当院では、新型コロナウイルス(COVID-19, Chinese virus)検査はできません。新型コロナウイルス(COVID-19, Chinese virus)検査に関する相談にもお応えできません。当院での新型コロナウイルス(COVID-19, Chinese virus)に関連する漫談は、お話するのは構いませんが(また、お話は十分にうかがいますが)、あなたの問題解決に寄与することはできませんので、予めご了承ください。
2020/01/17
(まとめ) 他科の先生が当院の中耳炎治療を批判することがあるようです。 他科の領域にまでご見識がある高名な名医ですから、当該医師に中耳炎が治癒に至るまで治療を任せれば安心です。まさか舌先三寸、言うだけ番長ということはないでしょうから、「治らなければ耳鼻科へ」などというセリフは使わず、中耳炎が治癒に至るまで、しっかりと治療していただけると思いますよ。もっとも、鼓膜所見に耳垢を取る必要がある場合がありますけどね。
2019/12/21
今月15日、インフルエンザ脳症で亡くなった児童のニュースです。
2019/11/14
本日、本来お渡しすべき方とは別の方の保険証・診察券・処方箋をお渡ししてしまったという事例が発生いたしましたので、ご報告とお詫びをいたします。
2019/11/02
【新羽駅隣接のパティオワン駐車場に3時間以上駐車された場合】駐車管理機の料金表示が900円のまま変わらない状態が続きますが、出庫可能になるまで駐車サービス券を挿入し続けてください。(また、駐車場入口は中央分離帯がある道路に面しておりますので、注意が必要です。初めてご利用される方は Google map ストリートビューで駐車場入り口を、事前に、ご確認されることをおすすめします。)

さらに表示する