耳栓を使う理由

当院の医師は、子供の診察中に耳栓をつけていることがあります。世間では、耳栓をつけて診察をする医師は、あまりいないようです。このため、皆様から「子供が嫌いな医者なんだなぁ」と誤解されることもあります。我々は「子供が嫌い」「子供がうるさい」と思っているのではありません。子供が泣くのは当然のことであり、そのこと自体で、我々が感情変化を起こすことはありません。


我々人間は 85dB 以上の音量(音圧レベル)にさらされると、内耳の有毛細胞が障害されることがあるという生理学的事実があります。 有毛細胞の障害を防止するために、当院の医師は耳栓をしているのであって、子供の診察が嫌いという訳ではありません。 むしろ、我々は子供が好きだからこそ、子供を泣きやませることができないという現実に対応するために耳栓をしているのです。 寝るときは勿論、自宅にいるとき、外出するとき、地下鉄に乗るとき等、普段から耳栓をすることがあるので、悪気はないのです。 医師の外観から判断をして、これまで不愉快に思っていた方がいらしゃったら、それは誤解です

 

Grades of hearing impairment: 聴覚障害等級表

Deafness and hearing loss: Fact sheet