副反応時に使える市販の解熱鎮痛薬の成分、厚労省が初めて示す…イブプロフェンなど

 

 

 

 

 

 

副反応時に使える市販の解熱鎮痛薬の成分、厚労省が初めて示す…イブプロフェンなど

 

 厚生労働省は、新型コロナウイルスワクチンの接種後、発熱や痛みなどの副反応が出た場合に使える市販の解熱鎮痛薬の成分を初めて示した。妊婦や子どもなどにも使えるアセトアミノフェンカロナールのほか、イブプロフェン、ロキソプロフェンロキソニンなどを成分とする市販の解熱鎮痛薬も使用できるとした。

 

【写真】ワクチンで「黒幕が人類管理」「人口削減が狙い」

 

 ワクチン接種が進む中、一部のドラッグストアなどで、アセトアミノフェンを含む製品に需要が集中し、品薄が相次いだことを受けた。同省は医薬品関連団体に文書で伝えたほか、一般向けのウェブサイト「新型コロナワクチンQ&A」にも情報を掲載した。

 

 病気治療中や妊娠中の人などは飲める薬が限られることがあるため、主治医や薬剤師への相談を勧めた。